ここまで進んだ!日本のバリアフリーホテル

日本のバリアフリーホテルの今を知る

日本のバリアフリーホテルの概要

「バリアフリー」は、テレビで耳にするようになり一般的な用語になってきました。しかし「バリアフリー」の定義を正しく理解している人は少ないでしょう。 ここでは、バリアフリーの言葉の正しい意味をお伝えします。さらにバリアフリーホテルと称するためには、どのような条件があるのかをお伝えします。

まずバリアフリーの定義を知る

東京オリンピックに向け着実に準備が進む中、国内外からお客様を迎えるホテルもオリンピックに向けた準備が進んでいます。そんな準備要件の中でハンディキャップを持った人たちでも安心して宿泊できるバリアフリーホテルに注目が集まっています。

このサイトでは、日本のバリアフリーホテルの最新情報をお伝えします。

バリアフリーホテルと聞くと、漠然と「つまずきを防ぐために床に段差がない」とか「車椅子で使える多目的トイレがある」などをイメージします。しかし、旅先でも普通に生活できる環境を提供することがホテルであるなら、車椅子対応だけでは不十分です。食事やアメニティグッズについての配慮などの心遣いが必要になります。つまりバリアフリー対応のホテルになるには高いハードルがあります。さらに設備だけでなくホテル経営者と従業員のマインドにホスピタリティが要求されます。いわゆる「おもてなしの心」を関係者全員が持たなければなりません。充実した施設とおもてなしの心が備わったホテルは健常者にとっても居心地の良さが保証されます。

「バリアフリーホテル」であることは高品質なホテルの証明になるため企業イメージは良くなります。つまりホテルとしての競争力が向上します。ホテルへの一方的な負担でなく投資と労力に見合うリターンが見込めます。

社会的弱者への心遣いは、世界の趨勢です。東京オリンピックに向けて、私たち迎える方もハンディキャップのある人もそうでない人もみんなが楽しめるようにしたいものです。
最初にバリアフリーホテルについて知りましょう。

東京2020にむけて進む準備

東京2020オリンピック開催が迫ってきました。海外からの旅行者を受け入れる準備が進んでいます。世界から訪れる旅行者の中には、ハンディキャップを持った人も大勢いらっしゃいます。バリアフリーホテルの整備は必須です。 ここでは、東京オリンピックに向けた準備状況をバリアフリーホテルを中心にお伝えします。

日本のバリアフリーホテルの最新状況

「バリア」が何を意味するかは個人個人で異なります。つまりバリアフリーホテルであるためにはお客様一人一人の状況に合わせた臨機応変な対応が要求されます。 日本のバリアフリーホテルも日々進化しています。ここでは、日本のバリアフリーホテルの最前線をお伝えします。

TOPへ戻る